食の大切さを知って、自然治癒力を引き出そう!

今まで常識だと思っていたことが、実は大きな間違いだったって事を本から教えてもらったことがいっぱい有りました。

食を見直して自然治癒力を高め、病気にならない身体になりたいと思いました。
「今まで常識だと思わされてた事は、なんだったの?」と、目から鱗!だった本を紹介します。 あなたの健康維持にお役立てくださいね。

自然医食のすすめ

国際自然医学会会長・医学博士の森下敬一先生の著書です。食物と身体のかかわり合いを解りやすく解いてくれていて、健康の原理がわかります。
氾濫する健康情報に右往左往しながら食に気をつけているつもりだった私には、目から鱗でした。

食品の裏側

食品添加物って恐いって思いましたよ。生産者が自らは絶対に食べない物を消費者は「おいしい〜!」って食べていたなんて!
買い物に行ったときにちょっと裏返して表示を見るようになりました。 添加物を全く摂らない食生活は不可能だけど、これは絶対に必読書。直ぐにでも知っておかなければ後悔します。子ども達にもしっかり教えとかないと思いました。

クスリをいっさい使わないで病気を治す本

病状別の治療法が書いてあります。文庫本なので携帯できますね。小さい本だけど中身は充実してますよ。

ガンは恐くない

ガン患者の身内に、この本を勧めました。「なんだガンは治るんだ!」って分かって思い悩んでたストレスがスッと取れて、それも大きな治療効果になってます。
放射線や抗癌剤で健康な細胞までも痛めながら、抑えることしかできない西洋医学ではなくて、病気の原因を取り除き根治する療法を知ることができます。

浄血すればガンは治る

ガンになってしまった人もなってない人も一読する事おすすめです。 ちなみに私は身内がガンになったので読む機会を得ました。

牛乳には危険がいっぱい?

牛乳って身体に良いからって、がぶ飲みしてないですか?
子ども達に「牛乳飲みなさい!」って言い続けていた私でしたが、現在はきっぱり牛乳は止めました。
まぁ、読んでみてください。

胃腸は語る

ちょっと分厚くて、読むのに時間がかかったけど、読んで良かった本です。 世界で初めて大腸内視鏡でポリープを切除することに成功した新谷弘美先生の本です。胃腸内視鏡で30万例もの胃相を診てきた全米ナンバーワンの胃腸内視鏡外科医が真実を明かしてくれます。
牛乳を止めたきっかけはこの本でした。

病気にならない生き方

「胃腸は語る」の著者の本です。この本は行間も程よく、読みやすくて一気に読んでしまいました。
流行の健康法にはウソがいっぱいって分かりました。読み終えて、冷蔵庫のマーガリンを捨てました。 動物性より植物性が良いと思ってた私の常識ってなんだったのって感じです。

週末医食

ちょっと薄めの127ページ。週末の土日だけ血液をきれいにする食事で体内をスッキリしようって、レシピや身体に良い食材が載ってます。
毎日は難しくても週に2日だけなら無理なくできるかなと、私は県外で一人暮しを始めた娘に持たせました。と言うより、娘が見つけてもって行きました。

からだの自然治癒力をひきだす食事と手当て

東洋医学に詳しく温熱療法士である友達が、おすすめだよって教えてくれた本です。家庭の医学書食事版としてこの一冊が有ると良いですね。

Copyright ©:2006 Harmony Shou. All Rights Reserved.